子育て

3歳児おすすめ!人気の笑える絵本で親子の絆を深めよう

子育て
スポンサーリンク

絵本の読み聞かせはコミュニケーションを深める素晴らしい方法の一つです。

子どもに楽しい思い出を残してあげるためにも、効果的な読み聞かせ方を知っておくとよいでしょう。

そこで、今回は3歳児におすすめの笑える絵本や、楽しい絵本の選び方、読み聞かせのコツなどを紹介します。

スポンサーリンク

3歳児におすすめの笑える絵本

笑える絵本は、3歳の子供たちにとって非常に魅力的です。笑いながら読むことで、子供の興味を引きつけることができます。また、笑いはリラックス効果もあり、子供が疲れている時や元気がない時でも活気づけることができます。

3歳児におすすめの笑える絵本を選ぶ際には、以下のポイントに注目しましょう。

コミカルなストーリー:子供たちが共感しやすいキャラクターや出来事が登場し、展開や結末には笑いどころがあります。

面白いイラスト:キャラクターたちの表情や仕草が面白く描かれています。子供が絵を見て笑ってしまうほどです。

ウィットに富んだ文章:遊び心のある表現やユーモアのある言葉遊びがあり、子供たちにとって楽しい読み物として心に残ります。

以下は、3歳児におすすめの笑える絵本の一部です。

  • 『バナナじけん』
  • 『ねぐせのしくみ』
  • 『きょうりゅうオーディション』
  • 『アントンせんせい あかちゃんです』
  • 『おやすみ、はたらくくるまたち』
  • 『むしたちのうんどうかい』
  • 『せかいいちのいちご』
  • 『いまぼくはここにいる』

これらの絵本は、3歳の子供たちに笑いと楽しさを与えてくれます。読み聞かせの際には、表情豊かに読み聞かせることで子供たちも笑顔で楽しめるでしょう。親子で一緒に笑いながら、良い眠りにつくことができるはずです。

スポンサーリンク

絵本を選ぶ際のポイント

子どもの興味を重視する

大人と子どもでは、「面白さ」の感じ方が異なるため、子どもが飽きずに楽しめる絵本を選ぶことが重要です。子どもの興味を最優先に考えて選びましょう。大人目線で選ぶと、子どもには理解しづらい内容になることもあります。

年齢に合った絵本を選ぶ

まだ文字を読むことができないお子さんには、イラストだけでも楽しめる絵本が適しています。年齢に合わせて、文字の大きさや文章量を考慮することもおすすめです。子どもが成長するにつれて、感じ方や興味も変わってくるため、興味を持たなくなったら新しい絵本を試してみましょう。

理解しやすい絵柄を選ぶ

小さな子どもは、絵を見てストーリーを理解することが多いです。個性的なイラストやわかりやすい絵柄の絵本を選ぶと、子どもたちは喜びます。絵柄が分かりやすいと、赤ちゃんでも絵本の魅力を伝えやすくなります。

読み聞かせの工夫

読み聞かせの際には、子どもが飽きないよう工夫が必要です。言葉がわからなくても楽しめるよう、絵柄を確認してから絵本を選ぶと効果的です。また、子どもが言葉を話せるようになると、ダジャレや言葉遊びが理解できるようになるので、それに合った絵本も選ぶことができます。

以上のポイントを参考にして、子どもの好みや成長に合った絵本を選びましょう。絵本は子どもの心を育む貴重なツールですので、楽しみながら読み聞かせをしてあげましょう。

スポンサーリンク

人気の笑える絵本ランキング

笑いを取ることを目的にした絵本は、子供たちだけでなく大人も楽しむことができます。ここでは、笑いを誘う人気の絵本ランキングをご紹介します。

1. 『ぴっけやまのおならくらべ』

created by Rinker
¥1,430 (2024/06/18 09:55:53時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 作・かさいまり/絵・村上康成
  • むずかしい山の動物たちがおならで競争をする物語
  • おならの披露に一生懸命な姿は笑いを誘います

2. 『ぜったいにおしちゃだめ?』

created by Rinker
サンクチュアリ出版
¥1,155 (2024/06/18 09:55:54時点 Amazon調べ-詳細)
  • 不思議な生き物が子供の好奇心を刺激する絵本
  • 親子で楽しむことができる愉快なストーリー
  • 子供たちの押しちゃだめなボタンへの誘惑が笑いを誘います

3. 『パンどろぼう』

created by Rinker
¥1,287 (2024/06/18 09:55:55時点 Amazon調べ-詳細)
  • 作・柴田ケイコ/角川書店
  • 「世界一おいしい森のパン屋」を舞台にしたユーモラスな絵本
  • パンどろぼうとおいしいパンをめぐる予想外の展開が笑いを誘います

4. 『もうぬげない』

created by Rinker
¥1,078 (2024/06/19 05:22:55時点 Amazon調べ-詳細)
  • 作・ヨシタケシンスケ/ブロンズ新社
  • 服が脱げなくなってしまった子供のおかしくて忙しい心情を描いた作品
  • 子供とのコミュニケーションを楽しみながら読むことができます

5. 『コんガらガっちあっちこっちすすめ!の本』

created by Rinker
小学館
¥1,320 (2024/06/18 09:55:56時点 Amazon調べ-詳細)
  • 作・ユーフラテス/小学館
  • Eテレの人気番組・『ピタゴラスイッチ』のスタッフ制作の絵本
  • しりとりやすごろくで遊ぶことができ、小さい子供も参加して楽しむことができます

6. 『ぶたのたね』

created by Rinker
絵本館
¥1,430 (2024/06/19 05:22:56時点 Amazon調べ-詳細)
  • 作・佐々木マキ/絵本館
  • ぶたを食べたいおおかみとぶたのなる種を巡るおかしなストーリー
  • 子供と一緒に大笑いしながら読むことができます

7. 『もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう』

created by Rinker
¥1,540 (2024/06/19 06:09:15時点 Amazon調べ-詳細)
  • 作・土屋富士夫/徳間書店
  • 「おしっこがもれそう!」というシチュエーションをファンタジーに絡めた絵本
  • 主人公がトイレを探し冒険する様子が笑いを誘います

これらの絵本は、子供と一緒に楽しむことのできる笑える作品ばかりです。お子さんの興味や好みに合わせてお選びください。

絵本の効果的な読み聞かせ方

子どもとの絵本の読み聞かせは、コミュニケーションを深める素晴らしい機会です。以下に、絵本を読み聞かせる際の効果的な方法を紹介します。

落ち着いた環境を作る

絵本を読み聞かせる場所は、静かで落ち着いた環境が理想的です。子どもが集中しやすい環境を整えましょう。背景音楽やテレビの音量を下げるなどの工夫も有効です。

子どもの興味を引く

絵本を選ぶ際は、子どもの興味を引くテーマやキャラクターを重視しましょう。子どもが興味を持っていることに関連する絵本を読むことで、より楽しい読み聞かせとなります。

読み聞かせのリズムを大切にする

絵本を読む際は、リズムやイントネーションに気を配りましょう。声のトーンやページをめくるタイミングなどを工夫することで、子どもの興味を引きつけることができます。

子どもと一緒に感情を表現する

絵本のストーリーやキャラクターの感情に共感し、子どもと一緒に感情を表現しましょう。笑ったり、驚いたり、怒ったりすることで、子どもとの絆を深めることができます。

子どもの反応に対話する

子どもの絵本に対する反応に対して、積極的に対話しましょう。子どもが質問したり意見を述べたりする場合は、それに対して親身になって答えることで、子どもとのコミュニケーションを促進します。

絵本を読む前後に関連する活動を行う

絵本を読む前後に、絵本に関連する活動を行うことで、より深い学びを促すことができます。例えば、絵本のキャラクターになりきって遊ぶ、絵本のテーマに基づいたクラフト活動を行うなどの工夫が挙げられます。

絵本の読み聞かせは、親子のコミュニケーションを豊かにするだけでなく、子どもの言語能力や想像力の発達にも役立ちます。ぜひ、効果的な読み聞かせを通じて、子どもとの絆を深めてください。

子どもの年齢に合わせた絵本の選び方

子どもの成長には、適切な絵本の選択が重要です。絵本は子どもの興味を引きつけるだけでなく、発達を促す効果もあります。ここでは、子どもの年齢に応じた絵本の選び方をご紹介します。

0〜1歳の子どもにおすすめの絵本

  • 視力がまだ未発達の乳児には、はっきりとした色使いの絵本が適しています。
  • モノトーンや赤色など、鮮やかな色彩を使用した絵本を選ぶと良いでしょう。
  • リズムや音の響きが楽しい、擬音語や仕掛けのある絵本もおすすめです。

1〜2歳の子どもにおすすめの絵本

  • この年齢ではまだ言葉の意味を理解することは難しいですが、絵本のイラストは楽しむことができます。
  • 身の回りの出来事や好きなものを題材にした、シンプルなストーリーの絵本がおすすめです。
  • 絵や仕掛けが多く取り入れられた絵本も子どもたちに喜ばれます。

3〜4歳の子どもにおすすめの絵本

  • 言葉や人の気持ちを理解する力が発達しているため、絵本に感情移入しやすくなります。
  • 日々の疑問や興味を刺激する知育絵本や、ストーリー性のある絵本がおすすめです。
  • 子どもの想像力を刺激する絵本や、言葉や数字の学習にも適した絵本も楽しいです。

5歳以上の子どもにおすすめの絵本

  • この年齢では、子どもたちが自分で絵本を読みたいと思うようになることもあります。
  • ストーリーが楽しめる絵本や、小学校入学の準備に役立つ絵本が存在します。
  • 社会生活のマナーや科学的な現象について学べる絵本もおすすめです。

子どもの成長段階や興味を考慮しながら、適切な絵本を選ぶことが重要です。絵本を通じて子どもの成長をサポートしましょう。

もっと面白い珍しい本が見つかる!ワールドライブラリー

ワールドライブラリーは海外の絵本を翻訳出版しています。⇒公式サイトをチェックする
現在約31カ国、100タイトル以上の絵本を保有しており、こどもの成長に合わせて月額1,300円(税・送料込)で毎月届く、絵本定期購入サービスです。

忙しくて中々買いに行く暇が無い方や、年齢に合わせた絵本をセレクトして欲しいという方にはおすすめです。

店頭には並んでいないような珍しい絵本に出会えるのも魅力の一つです。子どもの興味を引きやすい仕掛け絵本もあり、毎月新しい絵本と出会えることによって子どもの好奇心や関心も広がっていきます。

とてもおすすめのサービスです。ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか!

※絵本配送は絵本のサイズと重量に応じて佐川急便、ヤマト運輸ネコポス、日本郵便ゆうパケットのいずれかの方法にてお届け。

タイトルとURLをコピーしました